辛ラーメンで作る納豆キムチラーメン

 今日は韓国の即席麺「農心 辛ラーメン」を使って納豆キムチラーメンを作りたいと思います。空気が乾燥してきて各種ウィルスの活動が盛んな時期ですが、抵抗力を付ける身体に良さそうなものと、身体が温まりそうなものを詰め込みます。

 材料は農心 辛ラーメンの他、キムチ、納豆、もやし、卵、ネギなどです。量は各自でお好みで調整してください。写真ではネギは薬味用にカットしてあります。

 麺一袋に対し湯550mlが沸騰したら、麺、スープ、かやくを入れて4分30秒茹でます。少し茹で時間が長いのが特徴で、スープと一緒に茹でますから味が麺に染みこみます。

 またこれと並行してもやしを必要量茹でておきます。もやしは少し湯を通したらザルで水分を切り盛り付けを待ちます。

 この見た目、「辛ラーメン」という名前ですから辛いことは辛いです。しかし口から火を噴く程ではありませんので、私的にはむしろ定期的に食べたくなる味です。

 麺、スープを丼に移したら中央部にもやしを載せその周りにキムチ、納豆、生卵、ネギを盛り付けます。麺の中央部にもやしを盛り、その裾野に各種具材を載せる様にすると見栄えがします。

 かき混ぜてグイッといってください、身体が温まりますよ!

 ちなみに私は風邪の引きかけの時はこれを食べて暖房全開にしてジャンパーを着て寝ます。それで治ったこともありますが、薬じゃありませんので勿論ダメな時もありました。しかし唐辛子が身体を温めてくれますし、体力が回復しそうなので冬の時期は良く作るメニューです。

 辛いのが大丈夫なら簡単に出来ますので、是非試してみてください。

Author: dollman